2007年07月

2007年07月25日

脳内見てみませんか? 松田 雅光

脳内見てみませんか?

最近脳トレ・DS脳トレ・脳内イメージ等と脳に関してのゲームや本等が人気になっています。そこで今回は自分の脳内のイメージがパソコンで見る事が出来るサイトが有ります。もうすでにご存知の方もいるかと思いますが、書いてみます。

姓名を入力するだけで、出てきますが、姓と名の間にスペースを入れるのと、入れないのとでは出てくるイメージが異なります。二人の相性も見る事が出来ます。あくまでも遊びです。あまり真剣に考えないで下さい。

占いと同じようなもので、面白いですよ。

姓名により「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」等々いろいろな脳のイメージの字が出ます。

占いと同じようなもので、面白いですよ。

姓名により「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」等々いろいろな脳のイメージの字が出ます。

検索で「脳内メーカー」と入力します。脳内メーカーに関する項目が636万件出てきます。一番最初の「脳内メーカー」をクリックすると、姓名を入力する画面が出ますので入力してください。それだけで貴方の脳内イメージが漢字で出てきます。簡単ですので一度試してください。但し人気サイトですから、なかなか繋がらないかも知れません。

私の脳内イメージはスペース有りの方は「」が8割占めています。後は「」と「」です。

スペース無しは「」が8割占めています。後は「」と「」です。これはどういうことかな?私には理解できません。でも合っている所もあります。

脳内

架空の名前でアクセスした状況です。

 

 


 

 



mmpc09 at 19:05|PermalinkComments(0)clip!

2007年07月11日

誰か助けてあげて! 大久保米三

下記投稿されているのに、現在何らのコンタクトがありません、役員・アシスタント

で解る人はアドバイスしてあげてください。

 1.投稿者  :PC忍者

 2.投稿日  :6月23日

 3.カテゴリ  :だれか教えて(Q&A)

今後このようなことが発生しないように、何らかの対策を講ずる必要がありますね。



2007年07月07日

太子町老人クラブの皆さんがパソコンクラブを見学に来ました   野渡 正義

 7/6()午後、姫路の西にある太子町から、老人クラブの皆さんが我がパソコンクラブを見学に来ました。当クラブをインターネットで知ったという若手部会(代表:岡田義憲氏)の5名の方々です。

用件は、地域でパソコンを教えることを始めたが、先輩である当クラブに是非話を聞かせて欲しいとのことで来場されました。

 

こちらは役員の大久保・前田・宮谷・中江の各氏と私(野渡)、顧問の柴田さん、初代会長の大年さん、それと公民館館長の毛利さんの計8名で対応しました。

 

顔合わせの後、早速、開催中の団体室の講座「ワード実践トレーニング」(アシスタント川島さん)、相談室のサークル「自作PC&ビデオ編集」(同大久保さん)のクラスを見学してもらいました。

 

第2研修室にて、挨拶の交換・メンバー紹介の後、会議が始まりました。

まず、当クラブの概要説明と、先方からあらかじめ寄せられていた質問事項の回答を説明しました。次に当クラブの1週間の時間割表をカリキュラムとして説明。そして昨年、三木市長の前で行ったパソコンクラブ紹介のプレゼンテーションを再演しました。

その後、質疑応答の形で、パソコンクラブの開設当時のいきさつや、これまでのあゆみ、「会員情報システム」のこと、アシスタントやサブアシスタント、クラブの運営方法など、活発な意見交換ができました。
 パソコンクラブ側太子町側

 

 

 

  

 

 

 

当クラブの名前に“老人”の2文字はありません。しかし、来訪された方々は我々と全くの同年輩です。

地域でパソコンを教えたい、という熱心さやインターネットで知って話を聞きにくる行動力に私は感銘を受けました。

こちらの説明に先方は異口同音に「すごい」「ものすごいな〜」「すばらしいですね」と参考になった様子。「お話を聞いて元気がでました」「我々も今日のお話を参考に頑張ります」との言葉が印象的でした。

 

会員が340人を数えるマンモスクラブ、でも普段はそんな実感はない。まだまだ地域にパソコンクラブに入りたい人が多い、しかし卒業制度はない。パソコンを勉強するのが目的ではない、パソコンを手段に地域の人と交流するのが目的という我々のコンセプト。素人を素人が教えているのに辞めていく人が少ない。全くの初心者からベテランまでが楽しめる豊富なカリキュラム。会員の中から生まれる役員・アシスタント・サブアシスタント、その全員がボランティア。事務員など専任者がいないのにクラブがスムーズに運営される、などなど。人様に説明したり質問されたりする中で気がつく当クラブの不思議さ、ユニークさ、そしてすばらしさ。これらを改めて実感できた一日でした。

 

末筆ながら、一緒に対応して頂いた毛利館長、カメラマンを引き受けてくれた宮本アシスタントにお礼申し上げます。

 

太子町老人クラブの皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   太子町老人クラブ若手部の皆さん(前列5名)

 

【追伸】来訪者の代表、岡田さんから次のお礼メールが届きました。

 

本日は、お忙しい中、たくさんのスタッフ、プレゼンテーションを準備していただいてありがとうございました。帰りの車中、みんなで感動しておりました。

インターネットである程度想像していましたが、直接お会いして予想以上のものを得たようで、とても良かったです。

パソコンは手段であって、目的ではない、最終目的は「人の輪」という考え方もすごいなと思いました。

 

背景の違いがあるので全く同じことはできませんが、十分に参考にさせていただいて、一歩ずつ進みたいと思います。

今後ともよろしくご指導いただきますよう、お願いいたします。

岡田 義憲

 



2007年07月02日

団体室のPCが速くなりました     大久保 米三

こんばんは、役員の大久保です。

本日(7月2日)下記の皆さん方のご支援により、団体室PCのメモリを増設、見違えるほどのスピードアップを図ることが出来ました。有難うございました。

今後はパソコン室のPCへも適用したいと考えています。

 1.ご支援の方々(敬称 略)

   野渡、前田、高橋、池田、川島、梶本

 2.メモリ増設

   256MB768MB(512MBを1個増設)

 3.起動時間の変化

   増設前 :約6分20秒(最悪)

   増設後 :約1分30秒

 4.感想

   これまでデスクトップのメモリ増設は何度も経験がありますが、

   ノートパソコンは初めてでした、結果は「案ずるよりも生むが安し」でした。

   会員の皆さんも大なり小なりこの問題には頭を痛めておられると思います、

   皆さんのご相談にも対応できるようにしていきたいと思っています。

 

                                   以上