2015年02月

2015年02月26日

Windows 8.1 アップデート版とは?    小林 勲

 15A期から始まる新講座「Windows8.1とOffice2013の新機能」のアシスタントを担当します小林です。よろしくお願いします。
 ここでは、講座の前に、Windows8.1導入後の使用感について述べさせていただきます。
 現在のWindows最新OSは「Windows 8.1 アップデート版」です。このOSはWin7までのOSと違って、使いにくいという印象はぬぐえません。どうしてなのでしょうか?自分なりにWindows8の導入からアップデートを振り返ってみました。
 2012年10月 Windows 8発表
 2013年10月 Windows 8.1リリース
 2014年 4月 Windows 8.1 update版
Win8は発表直後から不評を買い、Win8から8.1へのアップデートはOSの再インストールに匹敵するほどの大がかりな作業になりました。しかも、1年ごとにアップデートが繰り返され、日経新聞Web版には「3度目の正直で普通のOSになった」と書かれるほどでした。
Windows 8/8.1の特徴を上げますと
(1)「タイル」が並ぶスタート画面に変わった。
(マウス操作の設定ではデスクトップ画面がでる)
(2)タッチパネルとマウス操作の両方が使える。
(3)「ストアアプリ」と「デスクトップアプリ」の2種類がある。
(4)チャーム、タスクバーという新しい方式が採用された。
(5)OneDriveというMicrosoftのクラウドに同期される
という具合に、「何だ?これは!」と思わされる仕様に変っていました。最初のバージョンWin8では、プログラムの起動からシャットダウンの方法まで従来と違っていました。スマートフォンやタブレットを使われる方は、「あれだな!」と見当を付けられかもしれませんが、従来のパソコンユーザーとしては戸惑わされました。どうしてなのか?と考えてみますと、「Win8.1Update版はWin7のデスクトップ仕様に戻されており、操作上で二重構造になっている」ということに気づきました。つまり、
・マウス&キーボードとタッチパネル
・Microsoftストアから入手するストアアプリとOfficeなどの従来のデスクトップアプリ
・操作設定はチャームもしくはコントロールパネルから
・タスクバーとデスクトップのショートカット
という具合に、「従来のパソコン向け」と「タブレット・スマホ向け」と、どちらからも操作できる構成になっています。そのためメールもインターネットエクスプローラーも2つ存在します。
 パソコンにログインするとき、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントのいずれも使用できますが、両者には受けられるサービスに差があります。Microsoftアカウントでサインインすれば、無料のストアアプリをダウンロードして使うことができますし、Officeで作成したファイルはクラウドの一つであるOneDriveに保存できますので、どこの端末からもアクセスできます。
 このように、二重構造になっているがために操作方法が混乱してしまうというのが実感です。したがって、Win8.1Updateを使うには、どちらか一方の使い方に絞ると操作しやすいと言えます。たとえば、パソコンはマウスで、タブレットやスマホはタッチパネルで・・という具合です。実際、この文章はWin7機で作成してOneDriveに保存し、iPad(Macのタブレット)で見直しています。
 Microsoftは「2015年末にはWindows10をリリースする、Win7、Win8/8.1ユーザーはその後1年以内は無償アップグレード出来る」と発表しました。現在Windows10のテクニカルプレビュー版が公開されており、そのレポートをみますと、Win10はWin7とWin8.1の長所を合わせたような構成になっています(まだ開発途上ですが・・・・)。いずれ、WindowsパソコンはWin10に代わってゆくでしょう。Win7のサポート期間は2020年まで、Win8は2023年までとなっていますが、その頃にはパソコン本体も新しくなっているでしょうし、Win10自体も今後はUpdateで対処してゆくと発表されています。今のうちにWin8.1に慣れておき、来たるべきWin10に備えるのも有効な方法と思います。


2015年02月21日

新講座(KK43)「Word2013新機能と文章作成」の紹介     西村 千鶴子

15A期から始まる新講座「Word2013文章作成と新機能」のアシスタントを担当します西村と申しますどうぞよろしくお願いします。


ワードは文章を作成するソフトという事は、今やだれもが知っています。紙の上で筆を持って表現するには、文字と絵ぐらいしかありませんが、パソコン上では、写真、イラスト、クリップアート、オートシェイブ、表等の使い方、又レイアウトの仕方で簡単に見やすく、美しい文章を作成する事ができます。

ワード2013には驚くような新機能があります。よく使われる機能を先ずはじめとして、必要に応じて勉強していきます。


ワードはパソコンを学ぶ上で基本にもなります。是非日常生活に取り入れ、利用していただきたいと思います。

パソコン学習に卒業はないと思います。奥の深いパソコンの世界、熱意と根気で、多くのことを習得して頂く、お手伝いをさせて頂きたいと願っています。


 


 



2015年02月19日

来期(15A期)の活動週間時間割と参加申請・登録スケジュールのお知らせ

                                           担当) 野渡 正義

来期(2015年上期(4月〜9月)の講座・サークルの「活動週間時間割表」をお知らせします。
次によりダウンロードしてご覧下さい。

下記のリンク文字をクリックすると、「活動週間時間割表」のファイルが、あなたのPCにダウンロードされます。出てきた「ファイルのダウンロード」画面において、「開く」ボタンをクリック→ファイルの中身を見ることができます。

中身を見た後に、必要なら画面のメニューで<ファイル><名前をつけて保存>でパソコンに保存したり、同じく<ファイル><印刷>で印刷したりできます。

  2015年上期 活動週間時間割表」はここをクリック


参加申請・登録は次の日程で行われます。
15A期参加申請ポスターA


2015年02月17日

「平成27年上期 パソコンクラブカレンダーのお知らせ」   担当)近藤 修 

来期【平成27年上期(4月〜9月】の
「パソコンクラブカレンダー(講座・サークル
の日)が決まりましたのでお知らせします。

下記のリンク文字をクリックすると「パソコンクラブカレンダー」がダウンロードできます。

「平成27年度上期 パソコンクラブカレンダー」のダウンロードはここをクリック。

 必要に応じて保存・印刷をしてさい。